文字サイズ

鳩山元首相が韓国に警告「自制を求めたい」「火に油を注ぐ」竹島上陸を批判

 鳩山由紀夫元首相が6日、ツイッターを更新。8月31日に韓国の国会議員団が島根県・竹島に上陸したことについて「火に油を注ぐ行為」と批判し、韓国側に対して「自制を求めたい」と訴えた。

 鳩山氏は日付が変わる午前0時に新規投稿。悪化の一途をたどる日韓関係を受けて、「領土問題を議論すると熱くなるが、とくに政治家は常に冷静さが求められる」と、まずは一般論として政治家に対して「冷静さ」の必要性を説いた。

 続いて、鳩山氏は「その意味で申せば、先般韓国の議員たちが竹島に上陸して気勢を上げていたが、このような行為は火に油を注ぐだけで、問題を徒(いたずら)に感情的にするだけで好ましいとは思わない。自制を求めたい」と、これまでの発言とは異なる視点から韓国側に警告した。

 鳩山氏は3日のツイートで、NHKから国民を守る党の丸山穂高衆院議員が韓国議員団の竹島上陸に対して「戦争で取り返すしかないんじゃないですか?」と投稿したことを批判。「竹島の領有権を主張するなら、なぜアメリカの地図に竹島は韓国領とされたときに、日本政府は反対しなかったのか。ポツダム宣言で離島の主権は連合国が決めるのだ」と主張していた。

 ところが一転、この時点では言及しなかった韓国議員の行動にクギを刺したことで「びっくりしました」「どうしたのでしょうか?」「ご本人?」と驚くコメントが続いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス