文字サイズ

【8月26日のなつぞら】第127話 娘の優の保育園が見つからない中、なつに新作の作画監督の打診

優を預ける保育園が見つけられないでいたなつに…
2枚

 【先週のあらすじ】

 お腹に子供ができたなつ(広瀬すず)の元へ、帰国しアニメ制作会社を起業した麻子(貫地谷しほり)が訪れ、坂場(中川大志)に復帰を打診する。出産が近づき富士子(松嶋菜々子)や泰樹(草刈正雄)たちが上京。皆に見守られる中、赤ちゃんが誕生。泰樹が優と命名する。半年後、なつは職場に原画担当として復帰。一年後には、坂場もアニメ界への復帰を望むが、保育所の抽選に全て落ちてしまう。

  ◆  ◆

 産休が明けてアニメーションの会社に戻ろうとしていたなつ。娘の優を預ける保育園がなかなか見つけられないでいた。そんな時、仲(井浦新)から呼び出されたなつは、作画監督の話が来ていると告げられる。改めて社長の山川(古屋隆太)と制作部長の佐藤(橋本じゅん)から、スポーツ漫画を原作にしたテレビ漫画の作画監督の打診を受ける。この主人公の境遇は、なつになら描けるはずだと言われて…。

 朝ドラの記念すべき第100作目となる「なつぞら」は、ヒロインに広瀬すずを起用。戦後の焼け野原の東京を経て、広大な北海道の大自然のもと育ち、日本アニメの草創期を舞台にまっすぐに生き抜く、なつの夢と冒険、愛と感動のドラマを描く。脚本は、朝ドラ「てるてる家族」、大河ドラマ「風林火山」を手掛けた大森寿美男氏によるオリジナル作品。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス