文字サイズ

NGT 卒業メンバーとの対立や暴行関与など否定「真実ではないことが広まって」

 NGT48が18日、新潟市の専用劇場で、定期公演「夢を死なせるわけにいかない」の初日公演を行った。専用劇場で定期公演を行うのは昨年12月30日以来、約8カ月ぶり。

 NGTでは、昨年12月、当時メンバーだった山口真帆(23)が男性2人から暴行される被害を受け、1月に自身のSNSで告発。騒動の余波を受け、グループは今年に入ってほぼ“開店休業”の状態が続いていた。ようやく迎えた再出発で、西潟茉莉奈(23)は「今日を迎えるまで、真実ではないことが広まってしまって…」と、涙を流した。

 客席からどよめきが起こる中、続けて「すごくメンバーみんな苦しんだんですけど、言われてるようなことが真実であるならば、このステージには絶対に立てません」と、現存メンバーと卒業メンバーの対立や、暴行への関与を否定した。とりわけ西潟は、新潟県警から事情聴取を受けた経緯があり、ようやく果たした地元での再出発で、こらえ続けてきた思いがこぼれた。

 この日の演目は「夢を死なせるわけにいかない」公演。07年に「ひまわり組 2nd Stage」として初演された。メンバーの希望が多かったことなどから、同公演に決定したという。太野彩香(22)は「このタイトルが今の私たちの気持ちを表してるんじゃないかなと思います」と思いを吐露した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス