文字サイズ

NGT48が公演再開 西潟茉莉奈ネット上のうわさ否定「真実でないこと広まった」

 新潟を拠点とするアイドルグループ・NGT48が18日、新潟市のNGT48劇場で、定期公演「夢を死なせるわけにいかない」を開催した。同グループが専用劇場で定期公演を行うのは、昨年12月30日以来、約8カ月ぶりとなる。

NGT48では昨年12月、当時メンバーだった山口真帆(23)が男性2人から暴行される被害を受け、1月に自身のSNSで告発。他メンバーの関与を訴えたが、否定する運営側と対立した。その後は騒動の余波で、研究生公演などは行っていたが、定期公演を行えていなかった。

 アンコールでは、西潟茉莉奈(23)が「今日を迎えるまで真実ではないことが広まってしまって…」と語り、思わず涙。「すごくメンバーみんな苦しんだんですけど、言われてるようなことが真実であるならば、このステージには絶対に立てません」と、ネット上などでうわさされるメンバーの対立構造や、メンバーによる山口への暴行に対する関与を否定した。

 その上で「私たちのためにサポートして下さったスタッフさん、関係者の皆さん、何よりこのような状況でも応援して下さる皆さんが待ってて下さったおかげで、NGT48劇場は再開することができました。みんなで一歩一歩力を合わせて頑張っていきたいと思います」と、改めて感謝と意気込みを口にした。

 とりわけ西潟は、太野彩香(22)とともに事件に関与したとみられ、新潟県警から事情聴取を受けているだけに、ようやく果たした地元での再出発で、こらえ続けてきた思いがこぼれた。

 新公演に選んだ「夢を死なせるわけにいかない」公演は、2007年に「ひまわり組 2nd Stage」として初演され、当時は前田敦子(28)、大島優子(30)らが出演していた。関係者によると、メンバーの希望が多かったことなどから決定したという。太野は「『夢を死なせるわけにいかない』というタイトルが、今の私たちの気持ちを表してるんじゃないかなと思います。私たちの気持ちをパフォーマンスで届けることができるように頑張ります!」と思いを吐露した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス