文字サイズ

吉本“白旗”社長緊急会見も…ごっつ長い5時間半 笑ってはいけないけど漏れる失笑

 吉本興業の岡本昭彦社長(53)が22日、所属芸人らが反社会的勢力の宴席で闇営業を行っていた問題と、批判を浴びている同社の対応に関して、都内で会見を行った。社長によるパワハラ・隠ぺい疑惑が浮上し、ダウンタウン・松本人志(55)から「吉本の危機」と苦言を呈される中、5時間半に及んだ会見で、雨上がり決死隊・宮迫博之(49)の契約解消を撤回すると発表。20日に宮迫とロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)が行った“告発会見”に対し、具体的な反論を行わず、騒動を謝罪。完全に“白旗”を揚げる展開となった。

 衝撃の「宮迫解雇」処分からわずか3日で、さらに衝撃的な展開が訪れた。

 会見場に現れた岡本社長は、まず芸人が反社会的勢力から金品を受け取ったことを謝罪。宮迫と亮に「ああいう記者会見をさせてしまったことに対して、2人に対して、深くお詫びを申し上げます。非常につらい思いをさせてしまった」と頭を下げた。

 続けて、宮迫に下した契約解消の処分撤回も発表して“降伏”。「いつの日か戻ってきてもらえるなら、全力でサポートしていければ」と誓約し、涙も浮かべながら方針の180度転換を口にした。

 会見では、宮迫や亮が20日の会見で暴露した、岡本社長が「全員クビにしたる」と発言したとされるパワハラ疑惑に質問が集中。これに岡本社長は「身内同士の冗談のつもりで…」「場を和ませようと」としどろもどろで、世間の常識とはかけ離れた回答に終始した。さらに真意を追及されると、どう喝や隠ぺいの意図はなかったと釈明しつつも、「相手がそういうふうに感じているのであれば、そうです」と、パワハラの批判も受け入れる構えを見せた。

 宮迫と亮の会見から2日後、吉本側は2人と接触しないままに、処分撤回という“ウルトラC”。

 そのきっかけとなったとみられるのが、会見後の20日深夜に松本人志が岡本社長と大崎洋会長(65)に行った直談判。松本は両者に社の問題点を突きつけ、会見を行うことを強く要求。問題を起こした芸人を救済する組織を作ることも提案した。

 松本のみならず、明石家さんま(64)ら大御所や、中堅芸人からも、宮迫らへの処分に対する批判が殺到。宮迫の会見を端緒に起こった“擁護”のムーブメントに、吉本側が白旗を掲げた結果となった。岡本社長と大崎会長は、1年間の報酬50%カットを発表したが、辞任は否定。報道陣からのさらなる追及を受け、「会社で相談します」と追加での処分も示唆。“笑いの総合商社”が巻き起こした笑えない騒動の幕は、まだ下りる気配がない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス