文字サイズ

上沼恵美子「だから今の芸人はオモロない」 宮迫を応援する芸人の心情に

 タレント・上沼恵美子が21日、MCを務める読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」に出演。窮地に立つ仲間を応援しようとする芸人の心情に「だから今の芸人はオモロない」と持論を語った。

 番組では、20日に行われた雨上がり決死隊・宮迫博之とロンドンブーツ1号2号・田村亮の会見を振り返った。ゲストで落語家・月亭方正、お笑いコンビ・FUJIWARAが出演。反社会勢力の宴会で金銭を受領していたことが分かり、吉本興業との契約を解消された宮迫に関して、上沼が「宮迫さんへの思いが変わることはあるんですか?」と質問すると、方正は「応援します。舞台とかやられて、出してもらえるなら、応援できるなら応援します。しっかり反省するところはしてもらって」と願った。当初金銭を受け取っていないと答えたことは誤りだったとした上で、仲間として応援したい気持ちを表した。

 雨上がりと「吉本天然素材」の時代から一緒にやってきたFUJIWARA・藤本敏史も「雨上がり決死隊がなくなるのがつらい。ずっと一緒にやってきたので」と思いを語った。

 この意見に上沼は「それでも応援したい、一緒に舞台に立ちたいと思っているのね。すごいね。そうなん?芸人ってそんな熱いの。あの人がいなくなったら、僕ら上がれるのにと。今回6000人も芸人さんがいると分かった。そら1人でもおらんようになったらええとか…」と、競争社会にいながらもライバル芸人を応援する心情について問いかけた。

 藤本が「この年になると思わないですね」と答えると、上沼は「私らの若い時とは違ってる。だから今の芸人はオモロない。みんな一緒にオモロないようにしようなとスクラム組んでんのやろ?」と質問。藤本らはそれぞれ否定し、方正は「僕は落語をやりたい。宮迫さんのポジションには僕らいけないんですよ」と説明。

 上沼は「私の言ってることは、きついことを言ってるつもりはないんです。時代も違うし、宮迫さんのようにオールマイティーの芸人さんはいないから。消滅させたくない。難しいなと今回感じましたし。私もつまらないこと言ってますが、そろそろ幕を下ろそうと思っているんです。こう見えても90過ぎているんです」と冗談を交えながらフォロー。これには、藤本も「トークびんびんですやん!」と衰えを見せない上沼のトークをたたえていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス