文字サイズ

ABCお笑いグランプリはエンペラーが制す

「第40回ABCお笑いグランプリ」を制したエンペラーの安井祐弥(左)とにしやま=大阪・ABC
2枚

 若手芸人の登龍門「第40回ABCお笑いグランプリ」が21日、大阪・ABCで行われ、2011年結成のエンペラー(吉本興業)が優勝。デビュー10年目以内のエントリー520組の頂点に立ち、賞金100万円を獲得した。

 過去にはダウンタウン(1984年)、ナインティナイン(92年)らが最優秀新人賞に輝いている伝統の賞。エンペラーは12組から3組に絞られた決勝で、銀行強盗のネタで爆笑を取った。優勝の瞬間、安井祐弥(26)とにしやま(28)が抱き合って喜び、安井は「最高です」と感激した。2位がカベポスター、3位が宮下草薙だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス