文字サイズ

宮迫&亮、吉本から圧力 会社主導の引退会見迫られる「Q&Aの練習」させられそうに

 涙をこらえながら会見する宮迫博之=都内
3枚

 反社会的勢力の宴席での闇営業と金銭受領が発覚し、吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、吉本から謹慎処分を受けているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日、都内で謝罪会見を行った。亮は契約解除を希望した。

 宮迫は経緯を説明。吉本から会見をストップする圧力をかけられ続け、2日前に突然吉本から引退会見か契約解除の2択を迫られたことを明かした。

 宮迫は6月8日に宮迫と亮が反社会的勢力からの金銭受領を吉本に伝え、謝罪会見を開く希望を伝えたところ、吉本に止められ、その後も「会社としては静観」との判断が下されたという。

 宮迫は受け入れてしまったことを謝罪しつつ、同24日になって謹慎処分を告げられた際、亮が事務所を辞めてでも謝罪会見をしたいと告げると、吉本興業の岡本昭彦社長が人払い。「『やってもええけど、ほんなら全員クビにするからなと。おれにはお前ら全員クビにする力がある』と、言われました。何も言えなくなりました」、吉本側からの圧力があったことを明かした。

 以降、謝罪会見を開く機会を待ち、弁護士をつけたところ、突然2日前に書面で、宮迫と亮の「引退会見もしくは契約解除を選んで下さい」との通告があったとした。

 一旦弁護士を解任したうえで、岡本社長との面会を申し入れたが、かなわず、吉本の弁護士から、引退会見を拒むなら契約解除の方針は揺るがないと告げられたとした。

 宮迫は「会社主導の引退会見」で、希望した生放送もかないそうにない見通しだったという。「記者会見をやるならQ&Aの練習をしてもらう」とも言われ、「そうなるくらいなら、会社辞めて自分達でと」と、この日の会見を開くことになったと説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス