文字サイズ

麗禾ちゃん、休演の海老蔵に励ましの手紙「はやくこえがでるといいね 愛してる」

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)が17日、公式ブログを更新し、長女・麗禾ちゃん(7)からの励ましの手紙を公開した。

 海老蔵は急性咽頭炎で15日夜の部から東京・歌舞伎座の「七月大歌舞伎」を休演しており、この日は復帰予定だった18日も休演することが発表された。

 麗禾ちゃんの手紙は「パパへ おかえりなさい びょういんでまたてんてきうったの?でもはやくこえがでるといいね 愛してる 大スキ 麗禾」という、無念の休演を続ける父親を激励する内容だった。

 海老蔵は「医師と制作サイドの協議の結果 明日も休むことになりました」と、18日の休演を報告。

 「ここ数日 点滴を何回もうち 抗生剤 ビタミン ステロイド 炎症を止める薬 ありとあらゆる事をお医者さんにしていただきました」と受けた治療の数々を明かし、「私の気持ちは明日から出演させてほしいです。が、身体は声帯は気管はそれを許してくれない状態のようです」と説明。

 「誠に申し訳ございませんが、あと一日。あと一日。お休みさせていただきます。誠に申し訳ありません」と謝罪し、「私自身の心は焦りと悔しさと行き場のない気持ちが交錯しています。が、お医者さんの意見に添い それを理解し そうさせて頂くことにしました。すみません」と、やるせない思いを吐露している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス