文字サイズ

海老蔵「申し訳ない気持ちが溢れます」 急性咽頭炎で休演に無念ブログ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵が16日、ブログを更新。急性咽頭炎のため15日の東京・歌舞伎座の舞台「七月大歌舞伎」の夜の部を休演したが「申し訳ない気持ちが溢れます」と無念の思いをつぶやいた。

 海老蔵は夜の部休演となった15日午後7時8分にブログを更新して以降、その日はブログを更新しなかったが、一夜明けた16日の朝8時過ぎにブログをアップ。「昨日は早くから寝ました」と、一日も早く体調を回復するよう、早くから寝たことを報告。そして「申し訳ない気持ちが溢れます」と、無念の休演に正直な気持ちをつづっている。

 海老蔵は13日のブログで体調不良を訴え、14日には病院で点滴を受ける様子もアップしていた。そして15日朝には蓄積疲労と風邪が重なり「う、動けない…」と更に体調が悪化していることを告白していたが、それでも昼の部には何とか出演し、長男・勸玄君と共演した。

 だが夜の部は海老蔵が1人13役を演じることから代役が間に合わず無念の休演。16日の公演についても、昼の部の「素襖落」では市川右團次が代役に。「外郎売」は一部で演出を変更すると発表されている。夜の部は2日続けての上演中止となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス