文字サイズ

79年の新年合併号は250万部突破 「少年チャンピオン」の歴史

 1969年7月15日に創刊され、「ドカベン」、「ブラック・ジャック」、「がきデカ」、「マカロニほうれん荘」などの歴史的名作を送り出してきた週刊少年漫画誌「週刊少年チャンピオン」(秋田書店発行)が、15日で創刊50周年を迎えた。この日、東京・秋葉原では「週刊少年チャンピオン 創刊50周年大感謝祭」と銘打ったイベントが開催され、日本の漫画文化をけん引してきた同誌の大きな節目を祝った。

  ◇  ◇

 1948年8月、秋田貞夫氏により株式会社秋田書店が設立された。69年7月15日、少年チャンピオンが創刊され、翌70年に週刊化された。マガジン(講談社)、サンデー(小学館)、キング(少年画報社)、ジャンプ(集英社)に続く週刊少年漫画誌だった。

 創刊号の表紙は必殺技・真空飛び膝蹴りで国民的な人気を博していたキックボクサーの“キックの鬼”沢村忠。漫画は梶原一騎原作・荘司としお画の「夕やけ番長」、手塚治虫の「ザ・クレーター」、永井豪の「あばしり一家」など。大藪春彦の小説「挑戦者」も掲載されている。

 70年代後半には壁村耐三編集長のもと、「ドカベン」、「ブラック・ジャック」、「がきデカ」、「マカロニほうれん荘」、「750ライダー」、「エコエコアザラク」、「ゆうひが丘の総理大臣」といった漫画史に残る名作が連載され、業界をリード。78年末に発行された79年の新年合併号は発行部数が250万部を突破する。

 その後も「本気!」、「グラップラー刃牙」、「浦安鉄筋家族」、「覚悟のススメ」、「弱虫ペダル」といった大ヒット作を世に送っている。18年6月には46年連載された「ドカベン」の完結が大きな話題になった。(敬称略)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス