文字サイズ

笑顔でさよならジャニーさん 家族葬に約150人のチルドレンが集結

 9日に解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため87歳で死去した、ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川(本名喜多川擴=きたがわ・ひろむ)氏の家族葬が12日に都内の稽古場で営まれた。姉の藤島メリー泰子副社長(92)らに加え、ジャニーさんが育て上げた「子どもたち」である所属タレントが参列。偉大な「父」との最後の別れを惜しんだ。またこの日、都内でイベントに出席したTOKIOの城島茂(48)、松岡昌宏(42)は、ジャニーさんの教えを貫いて活動していくことを改めて誓った。

 数多くのステージをプロデュースしてきたジャニーさん。木村拓哉(46)、V6、嵐、関ジャニ∞…。自身が育てた“子供たち”約150人が集った家族葬は、自身が上がる初めての舞台だった。

 司会をTOKIOの国分太一(44)とV6の井ノ原快彦(43)が務めた。東山紀之(52)、HiHi Jetsの高橋優斗(19)、KinKi Kidsの堂本光一(40)が感謝を込めてあいさつし、近藤真彦(54)が締めくくった。

 ジャニーさん“初舞台”のため、所属タレントは、仕事やレッスンの合間を縫って、会場の設営や運営をできるだけ、自身達の手によってつくることにこだわった。この日、昼のイベントで城島は、「ジャニーズの子どもたち、ジャニーさんに見いだされたタレントが一堂に集まるのは、なかなかない。最後の最後に粋な演出といいますか、最高の舞台を伝えてくれたと思う」と、父がくれた最後のプレゼントに感謝。松岡は「明るく笑って、しんみりしたのは苦手だと思いますので、笑顔で送り出したいと思ってます」と希望した通り、終始、笑顔のあふれる式となった。

 祭壇は、故人が好きだったというコチョウランが飾られ、現役所属タレントだけでなく、巣立っていった郷ひろみ(63)や田原俊彦(58)、解散したSMAPなどのパネルも飾られた。真ん中に置かれた遺影のジャニーさんはキャップにサングラス姿で子供たちが舞台製作するさまを見守った。

 ジャニーズ事務所は「家族葬が進むにしたがって、タレント一人一人の目に力強さが増していったように感じました」とした。病に倒れた6月18日の前日まで、Jr.のステージの演出に立ち会うなど、生涯現役を貫いたジャニーさん。そのイズム継承を示す葬儀となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス