文字サイズ

小嶺被告逆プロポーズ 田口被告「2人で生きていく」法廷の中心で愛を叫ぶ

車で地裁入りする田口淳之介被告=東京地裁(撮影・西岡正)
2枚

 大麻取締法違反(所持)の罪に問われたKAT-TUNの元メンバー・田口淳之介被告(33)と、元女優・小嶺麗奈被告(38)の初公判が11日、東京地裁で開かれた。2006年から交際している2人は、肩を並べて法廷に立って、起訴内容を認めた。小嶺被告は仰天の“公開逆プロポーズ”もして、気持ちに応えようとする田口被告の発言に、涙をあふれさせた。検察は両被告に懲役6月を求刑し、結審。判決は30日に言い渡される。

 6月7日の同日保釈後、2度目の“再会”になったという2人。スーツ姿の田口被告は髪型をバッチリ決めてアイドルオーラを漂わせ、時折、うっすら笑みも浮かべた。髪を束ねた小嶺被告はアイシャドーを施したナチュラルメークで、ストライプシャツに緑のパンツを合わせたファッショナブルなスタイル。視線を交わす場面こそなかったが、法廷の中心で愛を叫んだ。

 先に質問を受けた小嶺被告は、「彼は私が今まで出会った人の中で一番優しい」という田口被告との関係継続を熱望した上で、未来への決意を口にした。「今後交際を続けるなら、結婚したいと思ってます」。16年にジャニーズ事務所を退所したタイミングで田口被告から求婚されていたというが、「ファンの方のことを考えて、入籍するのは止めました」と回想。田口被告は恋人の顔をジッと見つめて、聞き入った。

 2人は一緒に暮らす都内の自宅マンションで、5月22日に乾燥大麻2・2グラムを所持したとされ、共に起訴内容を「間違いありません」と認めた。小嶺被告が2万5000円を売人に支払って入手したことも明かされた。

 小嶺被告は20歳の頃に初めて大麻に手を染めた。一時は使用をやめたが、09年頃に摂食障害などを患って「ネットで調べたら、食欲増進し治療で使われるという内容だった」ために、数年ぶりに使用再開。その半年後から田口被告も、「持っていた時は3日に1回ぐらい」のペースで大麻を使用するようになり、「気持ちがまろやかになる」と10年間も罪を重ねてきたという。

 田口被告は自粛中の芸能活動を続ける意向も示し、「お互いに違法薬物の意識を持って、2人で注意し合いながら、今後生きていけたら」と二人三脚での更生を宣言。“プロポーズの返事”ともとれる言葉を受け取った小嶺被告は、あふれる涙をぬぐっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス