文字サイズ

「ユー、やっちゃいなよ」はジャニーズイズムの原点…国分太一振り返る

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が9日に、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で亡くなった。87歳。この訃報を受け、TOKIOの国分太一は10日、TBS系「ビビット」で号泣、ジャニー氏から伝えられた「ユー、やっちゃいなよ」の言葉がジャニーズイズムだと振り返った。

 番組冒頭、号泣してジャニー社長を悼んだ国分。ジャニー氏関連の特集は1時間近く放送されたが、その間、国分の口からは何度もジャニー社長の口癖でもあった「ユー、やっちゃいなよ」の言葉が発せられた。

 国分は、「ビビット」のMC打診があった時を振り返った。当時は相当迷いもあったというが最後に後押ししたのはやはりジャニー氏。「ぼくの心の中にはジャニーさん、ずっと『ユー、やっちゃいなよ』。その言葉がずっと胸の中にあります。これはチャレンジしている所属タレント全員が持っている言葉」と、ジャニー社長の言葉がずっと背中を押してくれていたと振り返り、「感謝しかありません。ジャニーさん本当にありがとうございました」と感謝の言葉を絞り出した。

 その後も「ぼくらのジャニーズイズムは『ユー、やっちゃいなよ』なんです。だから(タレントも)挑戦するようになった」と、歌、演技だけではなく、バラエティや本の執筆などさまざまな分野に挑む原点は、ジャニー社長のこの言葉だったと指摘。「ユー、やっちゃいなよ、すごくいい言葉だと思う」と言うと、青学大の原晋監督も「いい言葉ですよね。迷ったときは攻めることが大切」と感心していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス