文字サイズ

上沼恵美子 吉本に所属すればチャンス多い…闇営業、ギャラが少ないからとの指摘に

 上沼恵美子(64)が7日、読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜、前11・40)に出演し、芸人による闇営業問題について、「事務所側がもっとギャラを出せば防げたのでは」との指摘があることに、「事務所の責任にしたらあかん」と持論を述べた。

 上沼は「食べていけないから直の営業に行ってしまうというのがある」と事務所からのギャラが少ないために、直営業(闇営業)に行く芸人がいるとの指摘があることに触れた。

 上沼は「でも私は言いたい。そら吉本はたくさん取ってはるかも分かりませんけど、吉本はチャンスが多いじゃないですか」と吉本興業に所属していれば世に出る機会が多いと述べた。「そんなに力がなくってもテレビの出演がまわってくるということは、ほかのプロダクションより、ましてや1人でやってる私なんて絶対ないですよ。吉本はチャンスというものをいただける。それ代を払ってるわけやから」とギャラの取り分が少ないのはチャンス代と考えるべきだと指摘。

 さらに上沼は「芸人さんのわがままやと思うし、あんたの力がないからや。頑張ったらいけるわけです。事務所の責任にしたらあかん」と真剣な口調で訴えた。真剣になりすぎたのか、続けて「そういう意味では私は1人で隅っこでここまでやってきて、なんて私は才能あるんだろう」とおちゃらけて笑いをとり、「照れです」と笑った。

 

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス