文字サイズ

坂上忍、謹慎処分芸人の会見に賛成 「セカンドチャンスをちゃんとするためにも…」

坂上忍
1枚拡大

 俳優の坂上忍が26日、フジテレビ系「バイキング」で、反社会勢力の忘年会に出席し、金銭を受け取り謹慎処分を受けた雨上がり決死隊の宮迫博之らに対し、会見をした方がいいのではとの持論を述べた。

 番組では、合計13人もの芸人が謹慎処分を受けた闇営業問題について特集。その中で、吉本所属の千原ジュニアがテレビ番組で、カラテカ入江慎也は解雇になっているという事実を踏まえ、宮迫やロンブーの亮は「1人の芸人が死んでいる。先輩として矢面に立って会見すべき」と主張したことも取りあげた。

 これに坂上は「同じ事務所だからこそ厳しく言うこともある」とジュニアの発言を理解。そして坂上自身も「会見をした方がいいと思う」と同調した。

 その理由について、所属事務所が解雇ではなく謹慎という処分を科したことで「謹慎は重いけど、セカンドチャンスがあるわけですよね。吉本興業所属でのセカンドチャンスがあるんだから、セカンドチャンスをちゃんとするためにも、復帰するときの会見なのか、今会見なのか、どっちが辛いかといったら今の方が辛い。その時になんらかのケジメみたいなのを付けて置いた方が…」と、会見が復帰する際のケジメになると持論。

 ホラン千秋も、謹慎した芸人が「説明せずにぬるっと復帰したところで、ちゃんと説明してないから、面白いけど純粋な気持ちで笑っていいか戸惑いがある。本人達の口から説明聞きたいと思っている人は多いと思う」と語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス