文字サイズ

震災チャリティーコンサート「人仁の会」25回に到達 主宰の渥美二郎が感慨

第25回「人仁の会」に出演した(左から)走裕介、島津悦子、鏡五郎、渥美二郎、角川博、若山かずさ、山本さと子=東京・セシオン杉並
1枚拡大

 演歌歌手の渥美二郎(66)が主宰し、今年で25回目を迎える震災チャリティーコンサート「人仁(にんじん)の会」が18日、都内で行われ、渥美、鏡五郎(75)、角川博(65)、島津悦子(57)、走裕介(45)、山本さと子(40)、若山かずさ(55)が出演した。

 この会は、阪神淡路大震災が起きた1995年、被災者救済を目的に発足。2011年以降は東日本大震災へのチャリティーも同時に行い、熊本・大分地震への義援金も含め、これまで純益金の全額、5725万4378円を、日本赤十字社を通して被災者救済のために贈ってきた。

 渥美は「おかげさまで、25年の節目を迎えることができました。お客さまと歌手仲間に感謝します」と感慨深げ。コンサートは渥美が選曲した前回の東京五輪(64年)当時のヒット曲を各自が披露し、渥美は「東京五輪が来年開催されるのにちなみ、55年前、私が小6の時にヒットした曲を集めました。昭和39年の風をお客さんに感じてもらいたい」と、「恋心」を熱唱した。

 島津は「愛と死を見つめて」、走は「皆の衆」に初挑戦。角川も「クラブ歌手時代に歌って以来」という「サン・トワ・マミー」を披露し、各自の代表曲を合わせて計36曲をファンに贈った。

 渥美は25回続いた理由を「年に1回、仲間と会える楽しさだね。ファンの方もファミリー的なので、楽しんでもらえるのがエネルギーになっている」と明かした。

 この日集まった113万5819円は、壇上で日本赤十字社に贈呈された。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス