文字サイズ

警官襲撃犯の父 関西テレビ常務がコメント「いまだ信じられない」

 大阪府吹田市の千里山交番で、古瀬鈴之佑巡査(26)が刃物で刺され拳銃が奪われた事件で、吹田署捜査本部は17日、強盗殺人未遂容疑で、住所不定、職業不詳の飯森裕次郎容疑者(33)を逮捕した。同日早朝、大阪府箕面市の山中で発見し確保した。捜査本部によると「私のやったことではありません」などと容疑を否認している。飯森容疑者の父で、関西テレビの飯森睦尚常務取締役(63)が、弁護士を通じてコメントを発表。「いまだに信じられない」などと胸中を吐露した。

 飯森容疑者の父親で、関西テレビの飯森睦尚常務取締役が同日夕、代理人の弁護士を通じて、報道各社に書面コメントを発表した。

 飯森氏は「重大なけがを負わせてしまった警察官の方及びご家族さまに対し、心よりお詫び申し上げます。1日でも早く回復されることを心から祈っております」と謝罪。その上で「大変驚いており、いまだ信じられない気持ちがありますが、今後の警察の捜査にも全面的に協力する所存でございます」と思いをつづった。

 飯森氏は2014年から同局の常務を務めている。同局によると、飯森氏から16日夜に「事件について警察に協力している」と連絡があったという。17日には局内で情報収集の緊急会議が行われた。

 同局の報道番組「報道ランナー」(月~金曜、後4・45)では、父親が役員であることを公表した。番組冒頭から、拳銃強奪事件を報道。新実彰平アナウンサー(30)が「この飯森容疑者の父親は私ども関西テレビ放送の役員をしている人物でございます」と明かした。

 飯森常務が代理人である弁護士を通じて発表したコメントを読み上げ、「我々も驚きを持っているわけですが、事件の真相解明のために、我々もこれからは取材活動にまい進してまいりたいと思っています」とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス