文字サイズ

古市憲寿氏、芥川賞候補に

古市憲寿氏
1枚拡大

 第161回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が17日付で発表された。

 芥川賞にはテレビのコメンテーターとしても活躍する社会学者・古市憲寿氏(34)の「百の夜は跳ねて」など5作品がノミネートされた。古市氏は昨年12月の第160回芥川賞でも「平成くん、さようなら」が候補作となったが、受賞は逃していた。

 また、直木賞には「カフーを待ちわびて」「本日は、お日柄もよく」などの映像化作品もある作家・原田マハ氏の「美しき愚かものたちのタブロー」など6作品がノミネートされた。選考会は7月17日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス