文字サイズ

真剣佑の弟、眞栄田郷敦 恩人からの手紙に号泣 山田杏奈涙、佐野勇斗も声震わせ…

 舞台あいさつに登場した(左から)トミコクレア、眞栄田郷敦、山田杏奈、佐野勇斗、森永悠希、鈴木仁、橋本光二監督=都内
映画「小さな恋のうた」の公開記念舞台あいさつで恩師からの手紙に感極まった表情を浮かべる(左から)眞栄田郷敦、山田杏奈、佐野勇斗、森永悠希、鈴木仁=東京・新宿バルト9
映画「小さな恋のうた」の公開記念舞台あいさつで恩師からの手紙に感極まった表情を浮かべる(左から)眞栄田郷敦、山田杏奈、佐野勇斗、森永悠希、鈴木仁=東京・新宿バルト9
映画「小さな恋のうた」の公開記念舞台あいさつに登場した(左から)トミコクレア、眞栄田郷敦、山田杏奈、佐野勇斗、森永悠希、鈴木仁、橋本光二監督=東京・新宿バルト9
4枚4枚

 俳優の佐野勇斗(21)が25日、都内で行われた主演映画「小さな恋のうた」の公開記念舞台あいさつに登場した。佐野は沖縄で人気を集める高校生バンドのボーカル役を演じたが、楽器指導を受けたヨースケ@HOME(36)のサプライズ・レターに劇中で組んだバンドメンバーとともに涙を浮かべた。

 映画は沖縄出身のロックバンド「MONGOL800」の楽曲「小さな恋のうた」がモチーフ。撮影は実際にバンドを組んで行い、メンバーそれぞれが楽器に挑戦した。練習は1年前から始まり、佐野と鈴木仁(19)がベース、ドラムを森永悠希(22)、山田杏奈(18)と新田真剣佑(22)の弟で今作で役者デビューした眞栄田郷敦(19)がギターを担当した。経験者は森永1人で他のメンバーは文字通り「0」からのスタートだった。

 佐野は「まあ、難しかった。楽器というものに触ったことがなかったので。MONGOL800の清作さんにベースをプレゼントされて“こりゃあ、やるしかないな”と。頑張って練習しました」と振り返った。他のメンバーも各自の苦労と克服エピソードを披露したが、あいさつの終盤でヨースケの手紙がMCから披露されると、キャストのムードは一変した。

 ヨースケの手紙は、メンバーそれぞれに宛てた現場での苦労と成長を振り返る内容で、まず眞栄田が号泣。山田もこらえ切れず涙をぬぐうと、手紙の感想を聞かれた佐野も「ヤバいすね…。本当にヨースケさんは大きな存在で、ヨースケさんがいたから頑張ろうと思った。大変なことも多かったし、つらいこともあったけど」と声を震わせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス