文字サイズ

NGT支配人ツイッター、早くも炎上の様相 メンバーに誹謗中傷と説明も…

早川麻依子・NGT支配人
1枚拡大

 NGT48劇場の早川麻依子支配人が24日にツイッターを開設。開設した理由について、今もメンバーたちへの誹謗中傷などがあることを明かし「メンバーを預かる支配人として、違うことは違うと、NGTのメンバーのために発信していきます」と説明した。だがこのツイッターには「その原因を作ったのは運営なの分かってますか?」など反論が続々上がり、早くも炎上の様相を呈している。

 早川支配人はこの日の午前にツイッターを開設。最初の投稿には「事件解明早急に」「こまめな情報発信をお願いします」「どんなに些細なことでも発信していただけるとありがたいです」と、卒業した山口真帆の暴行問題に端を発した騒動の問題究明に期待を寄せる声が届いていた。

 だが、その後のツイートで、現在のメンバーにも誹謗中傷や殺害予告などが届き続けていることを明かし「メンバー本人やご家族は、否定したくても否定できない環境の中で、耐えがたい日々を送っています」「メンバーを預かる支配人として、違うことは違うと、NGT48のメンバーのために発信していきたい」と開設理由を記したことから、ファンからは疑問の声が殺到。

 「3人を追い出してから都合のいい部分だけ強調して訴える前に自分達のやるべき事をやるのが筋では?」「辞めた3人の気持ちは?」「その原因を作っているのが運営なの分かっていらっしゃいますか?」「ちょっと待って下さい、その状況にしてしまったのはAKSの対応がおかしいからですよ」など、疑問の声が続々。「火に油を注ぐだけになると思うので、ツイッターなさらない方が良いかと思います」「SNSなんかではなく記者会見はできないのでしょうか」とする声も上がっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス