文字サイズ

NHK 朝ドラ週5日策「さまざまな選択肢を検討中」 4K制作は時間かかる

2020年前期朝ドラ「エール」の主役を務める窪田正孝
1枚拡大

 NHKの総局長会見が22日、東京・渋谷の同局で行われた。この日、同局が現在月-土曜の週6日放送の連続テレビ小説を週5日に短縮する方向で検討していることが判明。この件について木田幸紀総局長がコメントした。働き方改革の一環で、2020年前期作「エール」(主演・窪田正孝)からの実施で調整しているとされる。

 木田総局長は「すでに発表しているように『エール』は4K制作で、2Kに比べて収録や編集に時間が必要と分かってきました」と、技術的な側面があることを説明した。そのうえで「様々な選択肢を検討している。現状は、何も決まっていません」とした。

 最終決定の時期については「収録が始まる(9月)までに決めておかないといけないので、そんなに遠い時期ではないです」と述べた。

 土曜の放送がなくなる可能性については「視聴者の皆さんは、いろいろなご意見があると思います」とした。現状を「4Kで朝ドラを作ることにチャレンジするのは、4Kの魅力を持った朝ドラを作りたいという思いが強い。最高のものをお届けするために、物理的な問題をどう解決するかを検討しているところです」とした。

 土曜日にダイジェスト放送を行う可能性は、まだ検討が及んでいないとした。毎回15分放送の時間変更に関しては「15分を変えるつもりはありません」とした。

 「エール」の脚本家は、検討していることは把握しているという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス