文字サイズ

仲邑菫ちゃん“国際戦デビュー”も無念 夢百合杯 世界囲碁オープン

 中国の王晨星五段(左)と対局する仲邑菫初段=21日、北京(共同)
1枚拡大

 囲碁の最年少プロ、仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)が21日、中国・北京で開かれた夢百合杯世界囲碁オープン戦の統合予選で国際戦でのデビュー戦に臨み、中国の強豪、王晨星(おう・しんせい)五段(27)に敗れた。仲邑初段は、対局後「今日の対局は勉強になった。相手は強かった。次の対局に向けて頑張りたい」とコメントした。

 女性の国際棋戦で優勝経験もある王五段は「私が10歳のときよりも強い。早く成長して中国や韓国の棋士に挑んでほしい」とエール。仲邑初段にアドバイスする場面もあった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス