文字サイズ

稲村亜美“神サイクリング”に挑戦!! 「自転車が好きになりました」

 華やかなファッションで受賞者を祝福する稲村亜美=国土交通省(撮影・金田祐二)
2枚

 国土交通省の自転車アンバサダーでタレントの稲村亜美(23)が20日、都内で行われた「令和元年度自転車活用推進功績者表彰」に、石井啓一大臣(61)=自転車活用推進本部長=と出席した。

 昨年4月に任命された稲村は、イベント出演などで自転車の魅力を発信。より多くの人に自転車活用を呼びかけて来た。“神スイング”や“神ピッチング”など野球での活躍で知られるが、1年間務め上げて「2年目を迎えて自転車がもっと好きになりました。遠い所に行ったり、いつでも楽しんでいますよ」と笑顔で答えた。

 「普段から乗ります。近くは駅まで。休みの日は海に行ったり、川を見たりしています。5月は気温もいい。寒くも暑くもないし、おしゃれなカフェに行って、近くの公園を散歩したりとか。車もいいですけど、自転車で上を見ると、こんな景色もあるんだなと思うこともあります」と、自身の自転車生活も披露。令和で行きたい場所を「皇居周辺ですかね。皇居を1周、2周…15キロぐらいは走りたい」と明かした。

 この日は門田基志さん(愛媛県)、矢崎文彦さん(東京都)、有限会社京都サイクリングツアープロジェクト(京都府)、東日本旅客鉄道株式会社千葉支社(千葉県)、特定非営利活動法人ポロクル(北海道)、一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン(東京都)が表彰された。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス