文字サイズ

長谷川博己 朝ドラから大河主演に「全く違う世界に」…光秀墓前に報告

 明智光秀の菩提寺である西教寺を訪れた長谷川博己(撮影・石湯恒介)
 明智光秀の菩提寺である西教寺を訪れた長谷川博己(撮影・石湯恒介)
 明智光秀の菩提寺である西教寺を訪れた長谷川博己(撮影・石湯恒介)
 明智光秀の菩提寺である西教寺を訪れた長谷川博己(撮影・石湯恒介)
 明智光秀の菩提寺である西教寺を訪れた長谷川博己(撮影・石湯恒介)
5枚5枚

 俳優・長谷川博己(42)が明智光秀を演じる2020年度のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の取材会が20日、明智光秀が眠る滋賀県大津市の西教寺(さいきょうじ)で開かれた。

 6月から始まる収録を前に、明智一族の墓前に手を合わせた長谷川は「私が明智光秀をやらせていただいていいでしょうか、念を込めました。きっと許していただいたと思う」と決意を語った。

 3月まで放送された連続テレビ小説「まんぷく」では、ヒロイン福子(安藤サクラ)の夫・萬平を演じた。朝ドラから大河の“連投”に「全く違う世界に入っている。光秀のことを調べれば調べるほど、野望や正体がわからない。撮影が終わるまでに答えが見つかるのか…」と役作りを模索する。

 NHKの落合将制作統括は「運命に翻弄される中で、どう変わっていくのか。本能寺(の変)へ向けて、微妙なニュアンスを表現してくれるのでは」と、戦乱の世の中で葛藤する“長谷川光秀”に期待を寄せた。

 大河主演のオファーを受けた昨年にも、西教寺を参拝したという長谷川は「西教寺は光秀が、信長に引っ張ってもらったという出世の出発点。撮影を前にここにお参りできたのは、幸先のいいスタートだと思う」と、ドラマの成功を祈った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス