文字サイズ

山口真帆 NGTと完全決別 卒業公演15曲中NGTは1曲 最後は笑顔でファンに感謝

卒業公演を行ったNGT48の山口真帆=新潟市のNGT48劇場(c)AKS
1枚拡大

 昨年12月に新潟市内の自宅で男性2人から暴行被害を受けたNGT48の山口真帆(23)が18日、新潟市のNGT48劇場で菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)と共に卒業公演を実施し、グループから卒業した。3人以外では村雲颯香(21)ら1期生4人と研究生3人のみが出演し、主要メンバーは姿を見せず。姉妹グループの楽曲を中心に全15曲を披露したが、NGTの曲は1曲のみと、NGTとの“完全決別”を示すような公演となった。

 涙が止まらない場面もあった山口だが、最後は「幸せな3年半でした。出会ってくれてありがとうございました!」とファンに感謝し、笑顔で手を振って公演を締めくくった。気持ちは次のステージに-そんな強い意志を感じさせる卒業公演だった。

 冒頭、登場したのは当初の発表通り3人のみ。NGTの代表曲「Maxとき315号」で開幕したが、その後はNGTの曲は歌われなかった。アンコール前に欅坂46の「黒い羊」、アンコールで総合プロデューサー・秋元康氏(61)が今回のために書き下ろした「太陽は何度でも」を歌うなど、選曲にも意味深なものを感じさせた。「太陽は-」での山口は涙が止まらず、声が詰まって歌えなくなる場面もあった。

 関係者によると、出演メンバーが3人になったのは山口らの強い希望だった。3人以外に出演したのは、山口が卒業発表時に「寄り添ってくれた」として名を挙げた村雲、1期生から日下部愛菜(17)、小熊倫実(16)、角ゆりあ(18)、研究生から高沢朋花(15)、高橋七実(17)、渡邉歩咲(18)。村雲以外の6人は山口に出演を直訴したという。

 トークでも、NGTの他のメンバーの思い出には触れず。山口は、事件を公表後、山口に対してよそよそしくなったメンバーに長谷川が「許せない」と憤っていたことや、菅原が山口の怒りに同調して卒業の意志を固めたことなどを告白。「皆のためにも、私たちがこの先の未来に道しるべを作っていけるように頑張ります」と宣言するなど、依然として一部メンバーとの溝が深いことを伺わせた。

 今後については、長谷川が声優を目指し芸能事務所と接触していると明かしたが、山口と菅原は明言せず。関係者によると、山口はこの日でAKSとの契約が終了し、大手芸能事務所への所属が内定。菅原も所属事務所がほぼ決まっているという。異例尽くしの卒業公演は、アイドル、そしてNGT48への“決別”の儀式となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス