文字サイズ

NGT山口 支えは3人のメンバー「馴れ合いではない仲間」「自分たちは正しいと自信」

 NGT48を巡る暴行問題の被害者で、21日の公演でグループからの卒業を表明した山口真帆(23)が25日、卒業発表を終えた現在の心境をSNSに投稿した。

 昨年12月に自宅に現れた男性2人から暴行を受け、事実を告発するも運営側の対応が事態紛糾を招いた問題。その中で支えとなったのが、ともに卒業する長谷川玲奈、菅原りこと、グループに残る道を選んだ村雲颯香との絆だったとし「馴れ合いではなく、同じ意思を持った仲間だった」と記した。

 山口は「卒業発表を終えて今の気持ちを改めて書きました。読んでくださると嬉しいです」とSNSに長文を投稿した。その中で暴行問題について「親の反対を押し切ってアイドルになった自分も恨みました」と告白。そのうえで「でも今はNGT48になって良かったと思っています。私をずっとそばで支えてくれたのは、れなとりこともふでした」と3人の仲間の支えに感謝した。

 「誰に何を言われようが、自分たちは正しいことをしている自信がある。と、私を守ってくれました」「きっと私が誤ったことをしたら、全力で怒っていたと思います。馴れ合いではなく、同じ意思を持った仲間だったので、私も信じられました。そして、3人が私を支えてくれたように私も支えたいと思いました」と固い絆で結ばれていたことを説明した。

 「NGT48にならなかったら、本当の友達を知らなかったかもしれません。こんなすてきな友達に出会えたことが私の宝物です」と記した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス