文字サイズ

NGT山口真帆 声詰まらせ再び謝罪…101日ぶり公の場 さらに痩せた印象

 101日ぶりの公の場となる劇場公演で笑顔を見せるNGT48・山口真帆=新潟市のNGT48劇場(C)AKS
1枚拡大

 昨年12月に新潟市内の自宅で、男性2人から暴行される被害を受けていたことが明らかになった、アイドルグループ・NGT48の山口真帆(23)が21日、新潟市のNGT48劇場で行われた、チームGの千秋楽(最終)公演である「逆上がり」公演に出演した。山口が公の場に姿を見せるのは、1月10日に暴行騒動を謝罪した同所での公演以来、101日ぶり。ファンには声を詰まらせ、再び騒動について謝罪する場面もあった。

 チームGの副キャプテンを務める山口は、自己紹介の場面で「こんばんは!NGT48、チームGです!」などと最初のMCを担当。自身の番が来ると、大声援を浴び、「ありがとうございます…」と声を詰まらせて「まほほんこと山口真帆です!ありがとうございます」と感謝した。

 その上で「本当にこのたびはご心配をお掛けして申し訳ありません」と、再び騒動について謝罪。「本日はチームGの千秋楽。チームGのメンバーになって良かったなと思う毎日です。今日の千秋楽を思いっきりみんなと楽しんで忘れられない公演にしたいと思います」と話した。

 山口は冒頭、メンバー全員で行った寸劇に序盤から登場。やや緊張した様子で、1月に比べても、さらに若干痩せた様子も見えた。寸劇では最後に全員で中原中也の詩「汚れっちまった悲しみに」を朗読した。

 公演が始まると、山口はようやく表情を緩め、笑みを浮かべる場面もあった。2曲目の「逆上がり」、3曲目の「否定のレクイエム」では、歌唱中に観客からひときわ大きな「まほほん」コールを浴び、うれしそうにほほ笑んだ。

 公演開始前には、劇場支配人の早川麻依子氏が、ファンに向けて謝罪。だが、チームN3の公演前に行った謝罪と、チーム名以外はほぼ同じ文言で、山口に対してのコメントはなかった。N3公演では、早川氏の謝罪後に拍手が起こったが、G公演では起こらなかった。

 山口は20日深夜、有料会員向けのメールで、千秋楽公演について「チームGの公演も明日が最後です」とし、「チームGの解散もスタッフさんの間だけで決められて、私はラインの連絡で知りました。悲しくて、悔しかったです」と明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス