文字サイズ

アニメ違法動画被害額18億円 著作権法違反の疑いで会社員逮捕

 大阪府警本部
1枚拡大

 人気アニメの動画をインターネット上に違法に公開したとして、大阪府警が著作権法違反の疑いで逮捕した韓国籍の会社員李駿衡容疑者(29)が、170作品以上の動画を公開していたことが15日、府警への取材で分かった。7万回以上、無料でダウンロードされ、著作権者の被害額は約18億円に上る。

 逮捕容疑は昨年9月5日、東映アニメーションが著作権者である人気アニメ「ワールドトリガー」の動画を、許可なくファイル共有ソフト「ビットトレント」を使ってインターネット上に公開し、ダウンロードできるようにした疑い。

 昨年7月、府警のサイバーパトロールで発覚した。府警によると「私が編集した動画をみんなに見てほしくてアップロードした」と容疑を認めている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス