文字サイズ

瀧容疑者代役・三宅弘城に勘九郎「頑張りましょう」 事件後初の報道対応

 「てんぐポーズ」をする中村勘九郎、生田斗真、武内陶子アナ(左から)=東京・文京区
1枚拡大

 歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)が23日、都内で行われたNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜、後8・00)のイベントに共演の生田斗真(33)と登場した。

 勘九郎はこの日、出演者の1人だった、テクノユニット「電気グルーヴ」のメンバーで俳優のピエール瀧容疑者(51)が逮捕され降板して以来、初めて取材に対応。瀧容疑者の代役を務める俳優・三宅弘城(51)に「頑張りましょう」と声をかけ、共闘を誓ったと明かした。

 勘九郎は、04年の大河ドラマ「新選組!」で三宅と共演した際、握手をしてもらったほどのファンという。共演者の不祥事を乗り越え「(三宅を)バックアップしつつ、やっていきたい。必ずいいものができると確信しかない」と意気込みを語った。

 制作統括の訓覇圭氏によると、勘九郎は現場で瀧容疑者について触れることなく、自然体で撮影に臨んでいるという。三宅のクランクインは来週以降となる予定で、訓覇氏は「相当なショックだろうと思いますが、前を向いてやっていこうという感じです」と勘九郎の心境をおもんぱかった。24日の放送では、勘九郎が演じる主人公・金栗四三がストックホルム五輪のマラソンに挑む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス