文字サイズ

千鳥、ギネス世界記録認定! 大悟「これは大ニュースになりますよ」

Indeedのイベントでギネス世界記録を達成し、認定書を渡された千鳥の大悟(左)とノブ(中央)=東京・スポル品川大井町
Indeedのイベントでギネス世界記録を達成した千鳥の大悟(左)とノブ=東京・スポル品川大井町
2枚2枚

 お笑いコンビの千鳥が21日、都内で行われた「Indeed」のCM連動企画でギネス世界記録にアルバイト31人とともに挑戦し、厳しい審査の結果、見事に「最も長いシーフードの串焼き(Longest skewer of seafood)」の認定を受けた。

 この企画は同社と「ONE PIECE」のコラボCMに大悟(38)が出演していることから実現した。ウソップ役の大悟が「げそキング篇」で、その正体を隠すために「そげキング」になることにちなみ、参加者各自が串に刺したをいかげそを連結させ、最終的に20メートルを超える巨大いかげそ串を完成させるというもの。

 2人は最終工程の「焼き」から参加。1人の持ち分である10センチ以下のいかげそを担当した。大悟は「奥からこっちに引かんといかんぞ!」と指示を出しながら「これは大ニュースになりますよ」とご満悦。ノブ(39)も「ニュースにならんて!」と言いながらも「千鳥が絡んでギネス達成は初めてじゃないかな」と真剣なまなざしだった。

 全行程が終わった後で、ギネス認定には20メートル以上の長さが必要なため、本物の測量士が2度チェック。認定員も「しっかり隣とくっついている」条件を細かに確認した。大悟からは「こんなに盛り上がったのに、ダメという可能性もありますね」と弱気な言葉が出るほどだったが、認定員から「長さは20・897メートル。イカ串もきれいに並べられていました。ギネスと認定します」と発表されると、会場は拍手と大歓声が起きた。

 大悟は「ギネスやで~」と言うなり後は無言。ノブから「(感動で)声が出ないんや」と突っ込まれていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス