文字サイズ

志の輔、初主演映画に「幸せな落語家」 監督・岩合光昭氏は「猫のことばかり」

撮影中のエピソードを語り笑いを誘う立川志の輔(中央)。右は柴咲コウ、左は小林薫=東京・新宿バルト9(撮影・開出牧)
証日舞台あいさつを行う立川志の輔(中央)。右は柴咲コウ、左は小林薫=東京・新宿バルト9(撮影・開出牧)
映画に出演した猫を抱いてポーズをとる(右から)岩合光昭監督、山中崇、柄本佑、柴咲コウ、立川志の輔、小林薫、銀粉蝶、葉山奨之=東京・新宿バルト9(撮影・開出牧)
3枚3枚

 落語家の立川志の輔(65)が「猫の日」にあたる22日、都内で行われた初主演映画「ねことじいちゃん」初日舞台あいさつに登場した。

 飼い猫のタマと暮らす大吉を演じた志の輔は今作で女優・柴咲コウ(37)、小林薫(67)ら俳優陣と共演。映画初主演の撮影を振り返り、「突然のオファーでございまして、なんの自信もなく映画もわからず…。1カ月の間、撮影が続けられたのはプロの俳優のみなさまのおかげ。楽しかった。幸せな落語家の私でございます」とあいさつした。

 今作は動物写真家の岩合光昭氏(68)がフィクション映画初監督を務めた。猫への愛情が深い監督に対し、志の輔は「監督は猫のことばかり。『OK』と撮影を終えるとタマに寄ってきて『なんて素晴らしい』とワンカットごとに抱きしめる。私のことは一度も抱きしめられませんでした」と笑わせた。最後はタマを抱きながら写真撮影も行い、会場をほっこりとさせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス