文字サイズ

斎藤工主演映画お蔵入り危機 東京五輪中止設定に“クレーム”

 フンドシストに選ばれた(左から)浅川梨奈、吉村崇、斎藤工=都内
1枚拡大

 俳優の斎藤工(37)が12日、都内で行われた「ベストフンドシストアワード2018」授賞式に出席。主演映画「麻雀放浪記2020」(4月5日公開)が公開危機に陥っていることを明かした。

 斎藤は同作で、主人公の雀士「坊や哲」役を担当。ふんどし姿で大暴れしていることから新人賞を受賞した。「今年、ふんどしとともに過ごすというのが今、課せられたこと。僕ではなく、昭和のふんどし雀士・坊や哲が受賞したと思います」と喜びを表したが、映画自体はピンチを迎えているという。

 1月31日に国会議員の麻雀議連限定試写を開いた際、東京五輪が中止となる映画の設定に“クレーム”が入ったといい、斎藤は公開中止の可能性を「あります」と渋い顔で肯定。マスコミ向けの試写は行わない方針で「設定自体がお叱りを受けています。試写をしてしまうといろんな指摘を受けて、(公開が)ゼロになる可能性もあるので、強行していきたいと」と内情を明かした。

 関係者によると、斬新過ぎる脚本に、当初から公開を危ぶむ声が上がっていたという。斎藤は「(映画では)ふんどしの使い方が斬新で、倍満ですよ。ふんどしにいろんなものが表示されて、字幕みたいに使われる」と必死でアピールした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス