文字サイズ

NGT山口事件で運営が初会見【一問一答・下】「被害者が謝罪…深く反省」

 一連の騒動に謝罪する(手前から)松村匠運営責任者兼取締役、早川麻依子新支配人、岡田剛新副支配人=神田明神(撮影・三好信也)
1枚拡大

 AKB48グループの新成人メンバーが14日、東京・神田明神で、成人式に出席した。メンバーの山口真帆(23)への暴行事件で揺れているNGT48からは、荻野由佳(19)、加藤美南(19)、中村歩加(20)が参加したが、騒動に言及せず。式典後に、運営スタッフ3人が騒動後初めて取材に応じた。

 所属事務所・AKSの運営責任者兼取締役の松村匠氏(56)、NGT48劇場の新支配人に就任した早川麻依子氏(44)、同副支配人に就任した岡田剛氏(41)が、報道陣に対応。NGTは14日未明に公式ホームページで、劇場支配人だった今村悦朗氏(59)の解任と、新任の早川氏と岡田氏を発表。弁護士などによる第三者委員会による調査を行うことも明らかにしていた。

 【以下、松村氏との一問一答(下)】

 -被害を受けた山口が10日の公演で謝罪したことには。

 「大変申し訳ない気持ち。すべて私の責任。本人から『出演する』ということでしたが、私の考えが浅はかでした。被害者が謝罪することになってしまい、深く反省しています」

 -山口からの発信で事件が明らかになったことには。

 「メンバーの保護と、(事件が)オープンになった時、2次的3次的な被害が及ぶのではないかと私の方で考えてたところ、結果的にああいうことになってしまい、大変申し訳なかった。本人とのコミュニケーションをしっかりとっていなかったのは私の責任。再発防止はもちろんのこと、こういうことは2度とあってはいけない」

 -現在の山口の様子は。

 「当然ながら、NGT全員がメンタル的に大変な思いをしています。運営の責任ですので、全員をしっかりとケアしたい」

 -事件に関与したとされるメンバーへのペナルティーは。

 「違法性の問題は警察が(ないと)判断されました。メンバーとして不適切な行動、言動に関しては、第三者委員会で徹底的に調査してもらい、諮問をいただいて判断をあおぎます」

 -3公演が中止となったNGT劇場公演の再開は。

 「お客さまに夢を与える仕事をさせていただいています。スケジュール的に(最短で)22日になりますが、相談していきたい」

 -秋元康総合プロデューサーからは。

 「大変憂慮されております。しっかりメンバーをケアしていくことを考えないといけない、と」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス