文字サイズ

「家政婦は見た!」所長役・野村昭子が市原悦子さん悼む「本当に惜しい」   

 25年間続いた長寿ドラマ「家政婦は見た!」シリーズなどで知られる、女優の市原悦子(本名・塩見悦子)さんが12日午後1時31分に心不全のため都内の病院で亡くなったことが13日、分かった。82歳だった。千葉県出身。通夜は17日午後6時、葬儀・告別式は18日午前11時から東京青山葬儀所で営まれる。葬儀委員長は、所属するワンダー・プロダクション社長の熊野勝弘氏が務める。

 ドラマ「家政婦は見た!」で、市原さんが演じた家政婦・石崎秋子が所属する「大沢家政婦紹介所」の所長役を演じた野村昭子(92)は、「ある時代をつくった人で、亡くなったのは本当に惜しいです」と市原さんの急死を悼んだ。

 俳優座時代からの仲で、自宅も近所だったという。「普段は明るく優しい人。理屈っぽくなく、仕事が好きで、誰よりも女優という仕事に向いていた」と振り返り、「共演していてやりやすかった。あの人の芝居を尊敬していたし、天才だと思っていた」と称えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス