文字サイズ

サザン、大トリ後のラスト唱で大暴れ…桑田佳祐、松任谷由実からキス

松任谷由実(左)にキスをされながら熱唱する桑田佳祐。左後方は総合司会の内村光良=東京・NHKホール(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 「第69回NHK紅白歌合戦」(31日、NHKホール)

 特別枠での出場となったサザンオールスターズは、大トリ・嵐の後に登場し、ヒット曲「希望の轍」と「勝手にシンドバッド」の2曲を披露。NHKホールでの紅白歌唱は、1983年以来35年ぶりとなった。

 ボーカルの桑田佳祐(62)は歌唱前「何年たっても緊張しちゃいます」と真剣な表情。「今年、40周年をやらせていただいて、最後お茶の間の皆さんも会場の皆さんも楽しくなっていただければと」と気合を入れた。

 2曲目の「勝手にシンドバッド」では、北島三郎と握手し、松任谷由実から右ほほにキスを受け、最後はやり切ってステージ上に倒れ込むなど大暴れ。歌い切った桑田は「夢の中にいたようです。まさかユーミンさんとサブちゃんとご一緒出来るとは」と感無量の表情だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス