文字サイズ

上沼恵美子、久保田&武智の暴言一蹴「興味ない!」…M-1審査は真剣にやった

番組収録を終え、タクシーでテレビ局を出る上沼恵美子=読売テレビ
1枚拡大

 タレントの上沼恵美子(63)が8日、大阪読売テレビで行われた冠番組「上沼・高田のクギズケ!」(日曜、前11・40)の収録に参加した。2日の「M-1グランプリ」終了後に、とろサーモンの久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナの武智(40)が上沼に対する暴言をSNS配信した騒動に関して、「興味ない」と一笑に付した。

 暴言騒動が勃発して以降、上沼が初めて公式の場に姿を現したとあって、その発言に注目が集まった。

 デイリースポーツの取材では、上沼は9日に放送される番組の収録冒頭で、「いろいろ言われてますけど」と騒動に言及。あくまで自身はM-1の審査員として真剣に取り組んできたとの趣旨で、思いを語った。

 その上で、久保田と武智の暴言が大炎上に発展し、上沼の反応に興味が集まっていることを「大したことじゃないです」と一蹴。「興味ない」と言い放ち、笑いを誘った。

 久保田と武智はM-1終了後に居酒屋からインスタライブを配信して、上沼批判を展開。久保田が「自分の感情だけで審査せんといて」と発言すると、武智が「オバハンにはみんなうんざり」「嫌いです、って言われたら更年期障害かって思いますよね。売れるために審査員するならやめてほしい」などと暴言を吐いた。2人は4日にツイッターで謝罪した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス