文字サイズ

イッテQ!でっちあげ疑惑 日テレ、文春報道否定も「誤解招く表現」認める

 ラオスのMALIMAR TVによる「ラオス・コーヒーフェスティバル」の動画から。右端の長方形の敷地が“橋祭り”のセットとみられる
1枚拡大

 日本テレビ系の人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜、後7・58)が、5月20日放送分でラオスには実際にない祭りを「でっち上げ」して放送したと8日発売の週刊誌「週刊文春」に報じられたことを受け、日本テレビは8日、報道各社に文書で経緯を説明し「でっちあげ」を否定。現地コーディネート会社主導を主張しながら「誤解を招く表現となりました」と一部確認不足は認めた。番組および当該企画は、今後も継続するという。

  ◇  ◇

 問題となったのは、タレント・宮川大輔(46)が出演する人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」の5月20日放送分。ラオスの首都・ビエンチャンで行われた、自転車で一本橋を渡り切るという「橋祭りinラオス」を紹介した。

 週刊文春は、この祭り自体がラオスに存在せず、出演した少年に番組から出演料を払ったことなどを報じた。日本テレビはこの日の文書で、「現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」と“ねつ造”を否定。本紙の取材に対しても、「現地のコーディネーターから企画を持ち込まれて行ったもの」と、現地主導であったことを強調した。

 祭りの存否については「ラオスを含むメコン川流域で、自転車で一本橋を渡るという祭り自体は行われていることを確認し、その映像は当日の放送でも流した」と説明。その上で「ビエンチャンで行っているという事実はなかったことを確認不足で、当地で初開催であるのを毎年行われているように放送してしまった」とし、「そこは真摯に反省しております」と回答した。

 同局は、情報・制作局長の加藤幸二郎氏名義でも「放送上、誤解を招く表現があったことに関しまして、ご批判を真摯に受け止めております」とコメントした。

 また、駐日ラオス大使館は本紙の取材に「こういう祭りはまったく知らないと、みんな申しております」と回答。日本テレビとラオス政府および情報文化観光省とのやりとりについては、把握していないという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス