文字サイズ

ポール・マッカートニー ビートルズの3枚目シングルを日本初披露

オープニングで客席に向け、拳を突き上げるポール・マッカートニー=東京ドーム(撮影・出月俊成)
1枚拡大

 元ザ・ビートルズのポール・マッカートニー(76)が31日、東京ドームで1年半ぶり7度目となる日本公演の初日を迎えた。5年ぶりのニューアルバム「エジプト・ステーション」を引っさげ、9月17日に開幕した「フレッシュン・アップ・ツアー」の一環。「コンバンワー、トーキョー!!タダイマ」とファン4万5000人との再会を喜び、全36曲で貫禄の歌声を聴かせた。

 東京ドーム公演は22回目で、海外男性ソロ歌手では最多。ビートルズの「ハード・デイズ・ナイト」で開幕すると、ポールは「今日モ、日本語ガンバリマス!!」と宣言した。

 新作は36年ぶりの全米1位に輝くなど世界中でヒット。序盤に「新曲デス」と収録曲の「フー・ケアズ」、「カム・オン・トゥ・ミー」を続けざまに披露。終盤の「ファー・ユー」を加えた3曲を新作から届け、ビートルズのサードシングル「フロム・ミー・トゥ・ユー」と併せて、日本初歌唱となった。

 クライマックスではビートルズの大ヒット曲をつるべ打ち。アンコールもビートルズ曲のみで、「サンキュー!!ミンナ、一番。マタ、会イマショウ」と締めくくった。

 東京ドーム公演は11月1日も行われ、5日は両国国技館、8日はナゴヤドームに初見参。4公演で13万5000人を動員予定だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス