文字サイズ

浅田美代子「涙が出てきて」希林さんと同席できず…

 笑顔を見せる浅田美代子(中央左)と奥山和由プロデューサー(同右)=西本願寺
1枚拡大

 女優の浅田美代子(62)が11日、京都市内で開幕した「京都国際映画祭2018」(14日まで)のオープニングセレモニーに参加し、9月15日に亡くなった女優の樹木希林さんとの思い出を語った。   

 浅田は9月15日に亡くなった女優の樹木希林さんが企画を手がけた映画「エリカ38」(来年公開予定)の主演女優として映画祭に参加した。

 同作は当初、同映画祭で制作発表を行う予定だった。樹木さんは体調が優れない中でも「必ず行かなきゃね」と周囲に話し、参加を楽しみにしていたという。浅田は、樹木さんが、入院中も「美代ちゃん、映画祭に一緒に行こうね。京都(国際映画祭)だけでなくいろいろ行こう」と話していたと告白。「これを聞いた時にちょっと涙が出てきて」と思い出に浸っていた。

 なお、オープニングセレモニーでは、落語家の笑福亭仁鶴(81)が吉本興業を代表してあいさつを行った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス