文字サイズ

小川アナ 報ステ卒業で「ダメだ…」と涙ぬぐう 「難しさ痛感する日々」

 テレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(33)が28日、7年半にわたりサブキャスターを務めてきた「報道ステーション」(月~金曜、後9・54)を卒業した。最後のあいさつでは涙をぬぐった。10月からは同番組の裏番組となるAbemaTV(インターネットテレビ局)の報道番組「AbemaPrime」のキャスターを務める。

 出演者が勢揃いしたエンディング。小川アナはメインキャスターの富川悠太アナと見つめあった形で話を始めた。2011年の東日本大震災の直後の4月からサブキャスターを担当してきたことを振り返り、「本当に無力感にさいなまれることばかりで…」と涙で声を震わせながら口にすると、「もう、ダメだ」と手で涙をぬぐった。

 意を決したように再び語り始め、「意味のある言葉をつむぐことの難しさを痛感する日々だった。それでも一人でも多くの方の心に届く言葉を…と模索し続けてこられたのは、ひとえに、皆様の温かさ、番組をご覧くださった方々の叱咤激励があればこそ。本当に不器用で至らない点ばかりのサブキャスターだったと思うんですけれども、7年半にわたり、見守って下さり、本当に、本当にありがとうございました」と懸命に涙をこらえながら感謝の思いを伝えた。

 小川アナの後任は元同局のアナウンサーでフリーアナの徳永有美(43)が担当する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス