文字サイズ

吉永小百合 核兵器廃絶への思い訴え「私の声は小さいけど…切実に」

 女優の吉永小百合(73)が24日、都内で行われた「9.26『核兵器の全面的廃絶のための国際デー』記念イベント 核兵器なき世界へ向けて~被爆国の役割を考える~」にゲスト参加した。

 吉永は、原爆詩の朗読を各地で行い、広島平和記念資料館で音声ガイドを担当するなど、核兵器廃絶への思いは強い。映画「愛と死の記録」(66年公開)の撮影で初めて広島を訪れたといい、「被ばく者の人と話して、原爆の爪痕の残る町を見た。その後、原爆のことを描いた2つの映画に出演した。60年、映画の世界でやっていて、(原爆関連が)3本は多いのでは。そういう経験をして、いま私の声は小さいけど、核兵器のことを考えましょうと切実に思います」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス