文字サイズ

「ちびまる子ちゃん」で追悼文 「さくらももこ先生ありがとうございました」

 ちびまる子ちゃん
1枚拡大

 漫画家、さくらももこさん(享年53)の死去を受け、2日にフジテレビで放送されたアニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜、後6・00)で追悼メッセージが流れた。番組のエンディングで「さくらももこ先生 ありがとうございました」と字幕がつき、ナレーションが流れた。

 エンディングテーマの後、まる子が住む町の絵、その後、まる子ファミリーの絵とともに「-ありがとうございました」のメッセージが流れた。子供たちでも分かるように、漢字の部分にはフリガナがふられていた。

 さくらさんは8月15日に亡くなっていたことが27日夜に発表された。訃報発表後、初めての放送となったこの日は、「ちびまる子ちゃん」のアニメ第1話をリメークした「まる子、きょうだいげんかをする」と「まる子、つづらの中身が知りたい」の2話。「-きょうだいげんかをする」は原作25周年を記念し、2011年10月16日に放送されたものの再放送。

 【以下、追悼文全文】

 『ちびまる子ちゃん』の原作者 さくらももこ先生がお亡くなりになりました。心よりお悔やみ申し上げます。

 アニメ『ちびまる子ちゃん』は今後も続けて参りますのでこれからもよろしくお願いします。

 さくらももこ先生 ありがとうございました

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス