文字サイズ

太田光、大学裏口入学を改めて否定「俺の前に連れてこい」とブチギレ

 爆笑問題の太田光が12日、TBS系「サンデー・ジャポン」で8日に発売された週刊新潮で大学を裏口入学と報じられたことに、あらためて激怒した。

 この話題に、まず「おれは別にいい。まずやってないですよ」と強調。「親父が何をやっていたか亡くなっているから証明のしようがない」と前置きし、「気になるのは、親父が裏口入学のネットワークと接触したと記事に書いてある。裏口のネットワークは指定暴力団と関係があったかのように書いている。それってことは親父はやくざに俺のことを頼んだのか。そこを新潮にはっきりしてほしい」と訴えた。

 さらに、記事で「日大関係者が、おれを缶詰にして答案まで教えた」との部分に触れ、「それでも俺は点数が足りなかった…。どんだけバカなんだ」と自虐的に語りながら、不快感を示した。

 裏口を斡旋したとされる人物に対しては、「何で裏口を斡旋してたヤツのほうを信頼して、何でやってないという俺を信頼しないのか。そいつに出て来てほしい。ヤクザも連れてこい。俺の前に連れてこい。公にできないなら、おれの知る場所なんて新潮は知っている」と、画面を通して呼びかけ。

 すでにこの記事については太田の妻で所属事務所社長の光代氏はこの日までにツイッターで「訴えます」と宣言している。「正直、裁判なんて…」と言いかけたが、「裁判どうこうなんて言うとうちのかみさんにこう(手で口をふさがれるポーズ)される」と苦笑い。

 一方で、週刊新潮の“筆者”に対し、「あの記事の書き手と、おれのところに来た若手3人は違う。これは印象。書いたのは俺の人格をすごく否定したがっている。若いやつをおれのところによこして、自分が責任を取らないようにするんじゃなく、そいつも名前を出して、顔も出しておれと対決してほしい。それが願いです」と強く訴えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス