文字サイズ

金児憲史 舘ひろしから「歌う?」といじり連発…「夜霧よ今夜も有難う」

 俳優・金児憲史(39)が17日、横浜市の総持寺で営まれた故石原裕次郎さんの三十二回忌法要に参列した。金児は、裕次郎さんの“歌の後継者”として、命日のこの日、カバーシングル「夜霧よ今夜も有難う」とカバー曲のアルバムで歌手デビューを果たした。裕次郎さんのジャケットを着用して取材対応した金児は、舘ひろし(68)から「歌う?」を連発されていじられ、カバーの経緯を聞かれると「お声をかけていただいた」と緊張気味に話した。

 「歌手としての目標」を聞かれた際も、舘が「紅白でしょうね」と横やり。金児は「本当にすごいですね、舘さん。紅白ですね」と乗っかりつつ、「後継者と言われていますが、つないでいく者になれれば。10代、20代の人が聞いてくれて、いい曲だなと感じてくれれば」と真剣な表情でコメントした。

 石原まき子夫人(84)は「テイチクさんが声のトーンが裕次郎さんに似てるって気付いてくれた。私も初めはギョッとした」と明かした上で、「(金児の歌は)裕さんが歌でデビューして、上手になり始めの感じが今」と歌唱力を評価した。

 アルバムで裕次郎さんのカバー経験がある舘は「(裕次郎さんの曲は)本当に難しい。先代はウィスパーでささやくように歌って、ピッチは変わらない。僕はフラフラする」と笑わせつつ、「(カバーして)裕次郎さんと歌を通じて会話できた気がした。そういう感じを金児も持ってくれたら」とエールを送った。

 金児は石原プロ所属としては神田正輝(67)以来の歌手デビュー。その神田は「画(MV)も見て、歌も聞いた。確かに声が(裕次郎さんと)似てるところがある。金児が歌って、自分のものにして、自分の声で歌ってくれれば」と期待した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス