文字サイズ

星野源、夏の惨事「僕は死にましぇん」見るたび大火傷を思い出す…花火の灰が落ちて

舞台挨拶で子供たちと記念撮影する(後列右から)星野源、上白石萌歌、黒木華=大阪市内 
1枚拡大

 歌手・星野源(37)が12日、大阪市内で行われたアニメ映画「未来のミライ」(20日公開)の試写会で舞台挨拶を行った。

 作品で「おとうさん」の声優を担当した星野は、親子を対象にした試写会で子供たちに大人気。しかし、幼少時の夏休みの思い出を聞かれると、「僕は悪い子だったんだけど、絶対に真似しちゃダメだよ」と痛々しい過去を告白した。

 星野は、小学生の時、公園で友達と花火で遊んだ際に、花火を持ったまま前後に揺れる遊具に乗っかっていたところ「ゲラゲラ笑って乗ってたんですが、熱い花火の灰が落ちて、半ズボンの下の隙間から股間にジュッと…。直撃は避けたんですが、股を大火傷しましてギャーッと…」と負傷して悲鳴をあげたことを明かした。

 すぐに水で冷やしたが痛みは引かず、散々な夏休みになり「覚えてるのが、火傷して辛い辛いと思ってる時に、テレビで『101回目のプロポーズ』をやってて、武田鉄矢さんの『僕は死にましぇーん』を見たんです」と回顧した。

 MCから「元気をもらえたか」と問われると「いえ、それどころじゃなく、今でも再放送とか名場面集でドラマのあのシーン見るたびに、火傷を思い出すんです…」と苦笑していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス