文字サイズ

乃木坂史上初!2会場同時ライブ 神宮と秩父宮、自転車で移動6万人魅了!

 秩父宮ラグビー場でパフォーマンスする乃木坂46(左から白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥) 
3枚

 アイドルグループ・乃木坂46が8日、東京・神宮球場と秩父宮ラグビー場で、コンサート「乃木坂46 真夏の全国ツアー2018“6th YEAR BIRTHDAY LIVE”」の東京公演を行った。単独ライブでの2会場同時開催は史上初の試み。メンバーは自転車などを用いた移動で両会場を駆け巡り、計6万人のファンを魅了した。

 アイドルの頂点に立った乃木坂46が、史上初の試みとなった“スーパーコンサート”で華麗に舞った。2つの球技場で異なるセットリストでのコンサートを開催。エース・白石麻衣(25)らが、ところ狭しと駆け回った。

 2会場で同時にスタートし、「シンクロニシティ」など12曲は、同タイミングで同じ曲を披露した。遠隔での同時披露ながら「共時性」にあふれるステージを展開。生田絵梨花(21)は「シンクロの楽しさも、みんなで共有しながら楽しんで」と呼びかけた。

 2会場はほぼ隣接してはいるが、国民的アイドルが移動するには十分目立ち、混乱発生も必至の距離。そのため2会場の間にあるテニスコート脇の通路を使用し、白石、西野七瀬(24)ら、一部のメンバーは自転車にマイクをくくりつけて、歌いながら疾走した。

 最初は選抜チームとアンダーチームに分かれてスタートし、互いが両会場を2往復半。白石だけが3往復と、縦横無尽のパフォーマンスでファンを熱狂させた。この日は、今回のコンサートで初披露となった、8月8日発売のシングル「ジコチューで行こう!」など、全37曲を熱唱。3日間で18万人を集めた、乃木坂史上最大の夏祭りを締めくくった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス