文字サイズ

関ジャニ安田 昨年2月、脳腫瘍の摘出手術受けていた 今年4月には全治3カ月の骨折

 関ジャニ∞の安田章大(33)が昨年2月上旬に脳腫瘍の一つである「髄膜腫(ずいまくしゅ)」を患い、腫瘍摘出の手術を受けていたことが2日、分かった。ジャニーズ事務所が公式サイトで発表した。腫瘍は良性で、経過は良好だという。また、今年4月9日に「立ちくらみ」で転倒し、背中と腰に全治3カ月の骨折を負っていたことも公表した。4月15日に行われた渋谷すばる(36)の脱退会見を安田が欠席したのは、このケガが理由であることも説明した。

 7月15日から始まる6人体制での初ツアーとなる5大ドームツアーにも参加する。骨折は完治しておらず、万全の状態ではないが、事務所は「メンバーは自分たちにできるすべてのことを今回のステージを通してお届けすることで関ジャニ∞の船出とする覚悟」とした。

 渋谷の会見の際には欠席理由が「打撲」と説明されていた。事実の公表を控えたのは「関ジャニ∞が7人から6人になることでファンの皆様、関係者の皆様が様々な思いを抱くことを考えたときに、このタイミングでこれ以上のご心配をおかけするべきではないという判断からです」と説明。「理由の如何にかかわらず、事実をお伝えすることができなかったことにつきまして、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 メンバー一同は「これからも応援してくださるファンの皆さまにはご心配をお掛けするかと思いますが、安田章大の意志をしっかり汲み取り、メンバー、スタッフ一同、最善かつ最大限のサポートをしていくことで、今まで以上の関ジャニ∞をお見せしていくべく、精進してまいります。今後も変わらぬご声援よろしくお願い致します。」とコメントを寄せている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス