文字サイズ

市川海老蔵、父の日に涙 勸玄君からサプライズプレゼント

長男の勸玄くん(手前)からプレゼントをされた小物入れを手に笑顔の市川海老蔵=東京・帝国ホテル(撮影・開出牧)
父の日に勸玄くんが描いた父・市川海老蔵の似顔絵=東京・帝国ホテル(撮影・開出牧)
合同取材会で「七月大歌舞伎」について語る市川海老蔵=東京・帝国ホテル(撮影・開出牧)
3枚3枚

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(40)が17日、都内で東京・歌舞伎座の「七月大歌舞伎」(7月5~29日)の取材会を行った。

 長男・堀越勸玄君(5)が初めて昼夜出演することになっており、海老蔵が羽柴秀吉を演じる昼の部「三国無双瓢箪久 出世太閤記」では織田信長の孫・三法師、夜の部の「源氏物語」では光源氏の幼少期・光の君を演じる。

 この日は「父の日」とあり、勸玄君から“サプライズ・プレゼント”が贈られた。勸玄君からパパの似顔絵付きで書いた手紙と手作りの物入れを「いつもお仕事頑張ってくれて、ありがとう」と渡されると、海老蔵は思わず涙をポロリ。

 海老蔵の妻であり、勸玄君の母・小林麻央さんが亡くなったのは昨年の6月22日。海老蔵は「家族を失った悲しみから、そう簡単に立ち直れるもんじゃない。娘や息子の前向きな姿がいやしにもなるけど、逆に考えさせられるところもある」と心境を明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス