文字サイズ

酒井藍 台湾パフォーマーに求婚も撃沈…「マリッジ!」と叫ぶも無言でスルー

 舶来寄席を鑑賞した酒井藍(右)と川畑泰史=大阪・なんばグランド花月
1枚拡大

 吉本新喜劇座長の酒井藍(31)が14日、大阪・なんばグランド花月で15日から24日まで行われる「THE 舶来寄席2018」の公開稽古を鑑賞した。終演後には、酒井が台湾から来たパフォーマーに結婚を迫る一幕もあったが、無言でかわされ肩を落とした。

 吉本新喜劇と世界各国からのパフォーマンスの2部構成となっている「舶来寄席」。

 新喜劇パートに出演する酒井が客席で鑑賞した。酒井は、「ディアボロ」と呼ばれるスティックを用いて、こまを回すジャグリングを披露した台湾のチーハンチャオ(25)を「舌をぺろっと出すんですよ。かわいいでしょ」とベタ褒めし、客席から声援を送っていたと説明。稽古後には、酒井が「マリッジ!」と直接結婚を迫ったが、チーハンチャオは無言。「こんなに言葉が出てけえへんことあります?」と落胆していた。

 新喜劇パートは、川畑泰史(50)が座長を務め、酒井は19日から24日の公演にゲスト出演。川畑は「舶来寄席のための新喜劇を作っていますので」と出来映えに自信を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス